私が見た、マレーシアの温泉事情

マレーシアの温泉

日本は、すっかり寒くなって、外出が億劫。

寒いときは暖かいとこでダラダラ過ごすのがイチバン。
温泉とか最高やな~と考える今日このごろ。

日本の温泉地は3000超だとか。
この数に及ばずとも、温泉は世界中にありました。

もちろんマレーシアにも。
しかも、我が校から車で30分ほどの場所にも。
p1250243
ご覧ください、炎天下で激熱湯に傘を差しながら足湯する図。

学校の先生が連れてきてくれたのですが・・・シュールな光景に動揺した私。
試しに足を浸けてみたものの、灼熱の陽射し+熱湯のコラボは苦行以外の何ものでもない。

その結果、派遣初期段階でマレーシア温泉に恐怖の念を抱いてしまいました。

3年生とのお出掛け♪

そんな記憶も薄れつつあった9月末のある日。
仲良しの先生が「アリサ!来週ホットスプリングに行くよっ!」

(えっ、あの生き地獄…?)

「受験勉強で疲れてる3年生と!一緒に行こう!」

私は悩んだ。
試験勉強で日本語授業が減らされてしまい、3年生と過ごす時間はほとんどなくなっていた。彼らの試験が終わる頃、私は帰国してしまう。少しでも多くの思い出を作りたい。

だがしかし、マレーシア温泉=苦行・・・

生徒「アリサさん!一緒に行こう!!」
私「もちろんさ!!(即答)」

生徒の誘いは断れない。断る理由がない。

アラサー、中3に還る。

勉強、勉強、勉強・・・

アクティビティにもイベントにも全然参加できない3年生はストレスフルでしょう。ちょっと間の息抜きね!
img_7861

へぇ~、タオルってそういう感じで用意するんや。
img_7866

目の前に登場したのは・・・温水プール!!
img_7869
ちゃんとした施設やった!めっちゃおもろそう!!

ムスリム都合により、男子と女子は入るタイミングを分けます。
まずは女子から。
img_7922
当然ながら着衣です。

モットーは、何事も全力で。
生徒たちと同レベルで挑もうではないか。

滑り台でバッシャーン!
高台からジャッブーン!
滝に打たれてゴボォゴボォォ・・・

みんなと一緒にグッシャグシャ!!

続きまして、男子の登場!
img_7942
男子は本当に見ていて飽きない!!
img_7953
遊び方は豪快やし、無邪気で面白い。
img_7949

その片隅の平和な光景。先生のお子ちゃま。
img_7925

温泉いろいろ

プールで男子が豪快に暴れている頃、女子は別の温泉でまったり。
img_7902
本来温泉はこうでなくっちゃ。
img_7895
化粧がボロボロになるほどハシャぐ場所ではないんですよ。

足湯もあります。激熱の!
我慢大会みたいになってました。
img_7973

女子は違う楽しみ方を発見したようです。
img_7912
底に溜まっているコケみたいなのを顔に塗りたくり、「アリサさ~ん!ナチュラルパック~!」と叫びながら襲ってきます。

でろんでろんに塗りたくられた・・・
※美しくなるためのパックですが、見た目は美しくないので写真は控えます。

小腹が空いたら温泉卵。
img_7972

みんな出発ギリギリまで手抜きなしで遊び尽くします。
img_7980

おばちゃんヘトヘト

生徒に負けじと、競うように遊びまくった私はヘトヘト。
歩くのも面倒になったので、バス駐車場まで乗り物利用♪
img_7991

日本人が思う本来の温泉のイメージとはかけ離れているけれど、楽しいからこれもアリってことで!
img_7849
マレーシアの温泉は生き地獄ではなく、立派な遊び場だった!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です