魂を震わせるヒマラヤの輝き

〈2014.09.21 ネパール・ヒマラヤトレッキング3日目〉

AM4:00。
寒い。そして、朦朧とした意識の中で出発の準備。

雨の音はしない。

外に出て見上げた空には・・・満天の星!!

ワクワクが抑えきれん!プーンヒルまで猛ダッシュで駆け上がれそうな気分になった。(気分だけ)

プーンヒルへの入場は50R(55円)。
出発時はあんなに寒かったのにちょっと歩き始めたら暑い!
ヨーロピアンはあっという間に半袖になっていました。・・・さすがにそれはマネできないわ。アッパレ!

空が少しずつ明るくなっていくと共に消えていく星たち。ちょっぴりさみしい。

頂上へは40分くらいかかったかな。
P1130618

5:10。まだ暗い。

寒さに耐えながらお日様の登場を待ちます。
P1130620

だんだん明るくなってくる空。
P1130632

一瞬一瞬が、ほんのちょっとした変化が心を躍らせる。
P1130696

みんな待ちきれず、ソワソワ。
P1130655

見えた。

まだ薄暗さが残るなかで現れた山々。
P1130651

言葉にならない。ただ、胸が熱くなった。

太陽も現れた。
P1130692

うっすらオレンジに染まる姿も美しい。
P1130713

雨が降り続き、コンディションも良くないと聞いていた。
山小屋の人に可能性を聞いても渋い顔された。
正直、無理だと思ってた。
登ったという達成感だけで満足させるしかないという覚悟だった。

神様は気まぐれなのかもね。
P1130745
この景色を、この感動を、表現するのは思考なんかじゃない。

魂が震えた。

涙があふれた。

なんて幸せなんだろう。
P1130714

生きててよかった。
P1130782

この景色に巡り合えてよかった。
P1130780

AM7:10。名残惜しいが下山。

こちらも快適な山小屋でした。
P1130788

下りはラクショー!
P1130795

軽快なステップで駆け下りていきます。
P1130813

生きてる水牛さん。
P1130804

あっという間に下界です。
P1130825

行きにはあった道が水没してたけど!
P1130834

抜けるような青。
P1130828

ありがとう!アンナプルナ!
P1130840
またゼッタイに来よう。今度はぐるっと周遊したい。

チェックポイントで生存確認を終えたら、タクシーに乗ってポカラの町へ。

頑張ったご褒美☆
P1130848
特大ステーキ!

ネパールワイン!
P1130844
(マズかった・・・)

一生忘れられない絶景をありがとう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です