親友ガイドによる過酷なハイキング…

〈2014 11.29 グアテマラ・ケツァルテナンゴ〉

La MUERA。
ボランティアガイドをするほど山ガールな親友カリーナに言いくるめられ山奥にやって来た。
P1170791
学校の先生2名引率、4人でハイキング。

登山口までは頑張れば街から歩いて来れる。
でも、頑張る気のない私はカリーナの羨望を抑え付け当然バスを選択。

天気は良好!
序盤は森の中の道をゴキゲンでおしゃべりしながら進む。

余裕♪余裕♪

カリーナ「あの頂上まで行くよ!」
P1170794
・・・アンタ、正気?

さっきの穏やかな山道は姿を消し、足元最悪な巨大な岩々をよじ登る。
P1170796

カリーナ「チョー楽しいね!」
P1170797
・・・いいえ、ツライっす。

なんなのこの岩たち。
デカ過ぎて足の踏み場がないんだけど。
ハイキングって聞いてきたんだけど。
様々な疑問項目が頭をよぎります。

カリーナが足を止めた。
P1170806
着いた?!テッペン取った!!
P1170799
ケツァルテナンゴの街が一望できる絶景!これはスゴイ。
P1170807
頂上でバナナとパンを支給してくれるカリーナ。さすがガイド。

「向こうの山まで道は続いているんだけど・・・」
そう言って遠方を指さす彼女。
「最高の場所だね、カリーナ!大満足だよ!」
それ以上は言わせるもんか。

この岩場、登りよりも下りが危険。
足場のない大きな岩を時には滑らなくてはいけない。
滑りすぎて首と頭打って本気で死ぬかと思った。
P1170810
よく頑張りました。

麓の村を散策してみよう!
P1170789

グアテマラの主食トウモロコシ。
P1170813
なんてのどかなんでしょう。

作物栽培の畑が一面に広がるこの地域。
P1170828
こんな山奥で野菜を作ってたのね。

のびのび育つんだよ!
P1170818

青空に伸びる一本道。
P1170824

左に見えるお家に「住みたい!」と言い続けるカリーナ。
P1170823
これには激しく同意。

たくさん歩いたなぁ。登ったなぁ。
P1170830
気付けば5時間も!

終わってみればあっという間だった。
しかし、強打した頭と首と全身筋肉痛はしばらく続きましたとさ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です