砂漠州に湖の街?ホワイト・ウダイプル!

〈2014.08.29 インド・ウダイプル その1〉

ホワイトシティと言われる宮殿都市ウダイプル。砂漠州として有名なラジャスタンに位置するのに立派な湖が存在しています。
さて、この街のハイライトであろう宮殿に行ってみようと思う。マハラジャの生活ぶりを調査。

まずは腹ごしらえ。インドにしてはオシャレなこの街にはレストランしか見つからない。食事するには宿の屋上レストランか小洒落たレストラン・・・いや、それではダメだ、私のスタンスにそぐわない。何としてでもローカル色溢れる食堂を見つけてやる!

まだ朝早いので観光客向けの店はあまり開いておらず人通りも少ない。
P1120072

そんな中出会ったのは・・・
P1120073

人じゃねぇぇ!!

そんな楽しい散歩をしている時に見つけた怪しい小道。サモサの気配を察知した。

恐る恐る進むと・・・ありました!
インド人男子で溢れかえる簡易食堂!店先でおっちゃんが豪快に大量のサモサを揚げています。

サモサ!チャーイ!とテンション高めに注文。
P1120075

素敵なチリソースも付けてくれました。サモサ2個とチャイで30R(51円)。コレですよ、インドの朝はサモサとチャイがないと始まりませんよ。

ゴキゲンで宮殿へ向かう。インド商人も行動を開始したようで、宮殿の入口に着くまでに少なくとも5人の攻撃をかわした気がする。
P1120076

入場料は115R(196円)。カメラも準備万端。警備員に笑顔を振りまきながら入場・・・っと思ったら止められた。

え?笑顔がムカツクって?そうね、いるよね、たまにそういう人・・・泣

ま、そんな訳はなく、写真撮るならカメラ持ち込み料払えって。うーん。料金を確認すると225R(383円)・・・
なんで入場料より高いねん!しかし、写真は撮りたいので仕方がない。

さて、花柄のカワイイ入口を進んでみましょう。
P1120080

メルヘンな内装になってるのかな?

そんなワクワク感は即座にぶち壊される。

なんだ、コイツは!馬なのか?象なのか?
P1120081

実は、象に乗った侵略者に立ち向かうため、小象に見せかけて近づくという戦闘手法の一つだったらしい。ずいぶん陽気に見えるけどね。

こんな壁の側面にもゆるキャラが!芸が細かいね。
P1120085

あ、やっと宮殿ぽくなってきた!
P1120090

オシャレな窓枠からのレイクビュー。
P1120087

素敵柱が並ぶ廊下。中庭もあります。
P1120091

室内に噴水作っちゃってる!
P1120095

さらに進むと急に雰囲気が変わります。
P1120099

ゴージャス!鏡に映るので自撮りが楽しめちゃう♪

そんなナルシストぶりを発揮してるとコチラの方と目が合った・・・
P1120104

ひぃぃっっ!白目!!いや、金目!!

広いスペースに出てきました。カラフルな窓際の先には期待できる景色がありそうです。
P1120108

これぞ、ウダイプル!!
P1120111

ホワイトシティです!
P1120097

ちょっと黄色がかってるのは愛嬌です。

湖に浮かぶ高級ホテルもバッチリ見えます。
P1120105

いい調子ですね、ドンドン行きましょう。
P1120118

階段を下ります。

急にブルー!!ホワイトどこいった!?
P1120122

一気に雰囲気を変えてきましたね。油断なりません。

ブルーエリアから抜けたらすぐ目に入るのは・・・
P1120123

手の込んだ艶やかな透かし窓!ビックリする!ブルーから急にコレ?この統一感ない豪華さにビックリする!

そんなギャップに動揺していたとき、少年たちが絡んできた。「Hey,どこから来たんだ?写真撮ってくれYo!」
P1120133

実はここで話しかけられる前から何度かすれ違い、チラチラ目が合っていた。

写真を撮りながら3人でキャッキャしてると・・・

「Hey,どこから来たんだ?写真を撮ろうYo!」あっという間にインド人に囲まれた。少年たちの家族です。
P1120134

家族写真の完成。この後も各々の携帯を取り出し、一緒に写真に納まる流れになる。

疲れたな。ここで寝たい。
P1120136

そして、帰り際、またしてもインド人家族に捕まる。「君は日本人かい?一緒に妻と娘と写真に写ってくれるかい?」なんとも謙虚なおじちゃん!もちろんだとも、なんぼでも写るよ!!
P1120143

素敵な家族でした。

どうもインド人は外国人と写真を撮りたがる。彼らは外国人と写真を撮ると運が良くなると信じていると聞いたことがあるけど本当かな。ま、楽しいからなんでもいいや!
P1120144

今もマハラジャの末裔が住むなんとも豪華な宮殿でした。

入口と反対側の門の先では湖を周遊するボートライドがあるらしい。マハラジャ気分を味わえるのかもね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です