海外で作る寿司はどうなる?

5/4現在 @オーストラリアヽ(*´∀`)ノ ワンコと洞窟探検♪
ランキングクリック1日1回お願いしまーす✩

♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

〈2014.04.27 ビクトリア某所〉

大変です。お肌が荒れまくりです。
オイリーでハイカロリーな食事続きで完全に思春期のコンディションです。
でも朝晩はかなり寒くて乾燥しているので、もぉよく分かんない荒れ具合です。

そんな私は朝からせっせと巻き寿司を作っております。

もちろん炊飯器はないのでお鍋でお米を炊くわけですが・・・
1合って何で測ればいい?!水ってどれくらい?!

フィーリングですがなんとかお米→ごはんになりました。

巻き寿司か・・・何を入れよう。。。

おウチにあるものをゴソゴソ。

きゅうり・たまご・アボガド・サーモン・・・よし、これでいこう!!

不慣れな道具たちを駆使して作業。
P1070993

なんとかソレっぽい!!寿司っぽい!!

じいちゃんばあちゃん、喜んでくれました。たくさん食べてくれて嬉しかった。
自分的にも上出来だと思います。

さて、午後から2人はメルボルンに住む子供と孫に会いに行きます。

昨日提示された案は3つありました。
①一緒にメルボルン行く
②知り合いのおウチに泊めてもらう
③犬と家でお留守番

むむむ。。
①は気を遣って倒れそうなので即却下。
③でダラダラも捨てがたいがすぐ飽きそう。

・・ってことで②のジェニーさんの家にお邪魔(´▽`)

こちらはお年頃な子供が2人。みんないい体格しています。

高校生のケイトちゃんと夕食の下準備を一緒にしました。
そこで出てくる絶句レベルの大量の巨大な肉!これをフライにするそう。

なるほどこりゃ太るわ。太らないわけがありません。

夕食まで時間あるのに、ケイト氏は肉を焼き始めました。
準備早えーなーと見守っていると。。。

食べ始めました。はい、普通に。

どうやらおやつだそうです。カルチャーショックです。

日本でよく見るチキンソテーの2倍は軽くある肉がおやつとは…アッパレ!

モリモリ肉を食べるケイトはさておき、ジェニーのお手伝いをします。

家畜小屋の屋根を改修するようで、近くに住むブラザーがやって来ました。
一緒にお仕事。動いていないと落ち着かないんです。この作業していたら、あっという間に夕方。無事に完成してよかったね。

そして夕食のお手伝い。
下ごしらえした巨大チキンをガンガン焼いていきます。見た目なんて気にしません。添え物のマッシュポテトなんて凄まじいバターとミルクを投入します。作ってるだけでニキビが増えそうです。

お皿に盛り付けて、「どれがいい?」って聞かれてすかさず一番小さいの選んだよね。それでもデカイ・・・なのに子供たちは肉とポテトをおかわりしていきます。
なんかもう清々しいわ!!

そんな子供たちはソファーに座ってテレビを見ながら食べています。ほほう。ダイニングに着席して家族揃って食べないんだね。

食事後、ジェニーがミサンガの作り方を教えてくれました。

全然工程を理解できずちんぷんかんぷん。やっと構造を理解した頃には1時間が経過してました。
今のステイが終わるまでに完成する気はしません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です