果て無くクリアな淡水シュノーケリング!

〈2015.02.23 ブラジル・ボニート〉

バンで移動中。
P1220305

プラタ川到着!
P1220309
他のツアー会社もいるので自分のツアー時間が来るまで敷地内待機。

シュノーケル、ゴーグル、ウェットスーツ、マリンシューズは貸出してくれます。

欧米女子ってやっぱ大胆。
表でピッチピチのウェットスーツを水着姿で体クネクネさせて着ています。
・・・ただ、ガタイ良いから萌えないんだよな。

準備完了したらトラクターみたいなんに乗せられて移動。
DSC00963

入口に到着!
最終目的地たる川辺まではジャングルトレッキング。
DSC00967

うわぁ!
DSC00977

うわわわぁぁぁ!!!
DSC00979

スタートから衝撃!
この透明度なんなの?すごっ、すごぉぉーー!!

水に浸かってみる。
DSC00993
二層構造の世界。

ちなみに私はカナヅチです。
しかしシュノーケリングは得意です。

最初は水の流れがない池のような場所でシュノーケリングに慣れる練習。

ここで事件が起こりました。
私のマスク、異常に曇るんですけど?
私のシュノーケル、水入ってくるんですけど?

ガイド「ツバつけときゃ大丈夫さ!」

私がシュノーケリング得意なのは、曇らないマスクと水の入らないシュノーケルがあることが前提条件です。

(あの人、ガイドに向いてないんじゃ?)

大丈夫・・・というので行ってみるか。

海のシュノーケリングは何度もしてきたけど渓流なんて初めて!
DSC01013

すごいよ!
DSC01015

ウワサには聞いていたけど、信じられないほどの透明度!
DSC01031

君たちは幸せ者だね・・・
DSC01006

全然大丈夫じゃない曇りまくるマスクと水が浸入しまくるシュノーケルのせいで途中ゴボゴボ…ウプッ!ってなるけど、基本は川の流れに身を任せているだけで問題なし。
DSC01037

こんな世界が現実にあるんだ・・・
DSC01016

水の中から見上げる空。魚たちもこんな風に太陽を見ているのかな。
DSC01096
2本のルートをシュノーケリングし、ツアー時間は2時間弱くらい。

基本は川に流せれときゃいいんだけど、突然浅くなるエリアとか流木が出現するエリアとかあるから多少の危機回避力は必要かな。
私の場合は、マスクを拭いたり、シュノーケルの水を排出したりと余計な手間がが加わったけどね。

「おーい!アリサー!生きてるかー?」
遠くから今さら生存確認をする怠慢ガイド・・・

あぁ、溺れなくて良かった。きっと彼は助けてくれないだろうから。
DSC01054

ほぼ流されてるだけだったのに疲れた!
みんなの豪華ランチに対して手作りサンドイッチ。
P1220321
ハンモックに揺られながらマイペースに過ごすのもオツなもんです。
P1220322
来世は魚になるのも悪くない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です