最初の難関・親の説得

旅に出るにあたって最初に越えねばならぬ最初にして最大の難関

そう。親の説得。

とりわけ女子の一人旅となると、そうは問屋が卸さない。

過去のフィジーは留学だからエージェントがいる。
ハワイもタイもツテがあるからなんとか許してくれた。(タイ以外の周遊は事後報告♪)

しかし今回は世界一周。予定としては1年半の見込み。さらに仕事を辞めて住所不定無職。

そらもぉ問屋が独裁商社になるほどの大事件です。

4年前、初のバックパック一人旅を終えて旅がすごく身近なものになった。
たくさんの旅人に会い、世界一周中の旅人を見て決断した。

世界一周する。

夢が目標になった瞬間だった。

それからは・・・「世界一周行きたーい」「世界一周っておもろそうちゃう?」「どこの国に行こっかなー」「やっぱマダガスカルは欠かせないよね~」「最初は大阪南港からの船旅もステキ♪」などなど・・・

間接的に独り言的に病的に《ワタシ世界一周にイッチャウYO》アピール。

その度に「なに言ってんねん」「はいはい、せやな。」と流される。
本気にはしていなかったんだと思う。

〈海外で働く〉

いつか必ず。小さい頃からの夢。これに関しては親も理解してくれていた。

だけど。。。

〈海外へ旅に出る〉

これは親にとっては論外だった。自分にとっては人生の必須過程だったのに。

愛する京都を離れて東京で始まった社会人生活。入社した会社の仕事量は尋常じゃなかった。それでも、どうしても社会人経験が欲しかった。支えてくれた家族や周りへの責任も果たしたかった。だから、自分を殺してがむしゃらに働いた。絶対に泣かない!!

それが出来たのもいつの日かの「世界一周」が自分の中にずっとあったから。

でも、限界は来た。

身体も心もくじけそうになって自分を見失いそうだった。
それでも、いつも光を照らしてくれていたのは「夢」だった。

まだ見える光が消える前に・・・つかみに行かなきゃ!!

決断

本当にやりたいことを叶える時期が来た。

〈海外で働く〉
この手段として、日本語教師への道を本格化させた。

〈海外へ旅に出る〉
これはやっぱり「世界一周」以外の選択肢はなかった。

退職を決め、親へ旅のことを伝えた。

「なんのために行くん?」

・・・母の質問に対してコトバが詰まった。

「行きたいから行く。世界が見たい。」

「そんなもんただの遊びや。ただのプーや。」

・・・言い返せなかった。今の自分には納得させるだけの材料が何もなかった。

母の問いは核心をついていた。

なんのために行くんだろう?

過去に自分が海外に行って一番大切にしたいと確信したもの。

「人とのつながり」

人を幸せにする生き方をしなさいと言われて育てられた。
それが自分の幸せになるってことも信じている。

自分ができることってなんだろう?

真っ先に浮かんだのは《日本語教育》だった。

世界中の日本語を見てみたい。日本語で世界の誰かの未来を照らしたい。

ウソでも建前でもないホントの気持ちだった。

「目的を明確に持ちなさい。でないとただの遊びに終わるで。」その母の言葉への誠意を示すために・・・

仕事と並行で日本語教師養成講座を一切妥協せずにやりきった。

大学時代に借りた奨学金約240万円を全額返済した。

余裕をもった旅資金設定、安全の確保、定期的な連絡を約束した。

自分の使命・人の幸せを考える旅の方向性を報告した。

そして・・・

「わかった。アリサのこと信じてるから。」

・・・

涙が出た。うれしくて、誇らしくて。。。胸が熱くなった。

一生忘れられない。

絶対裏切れない。

♪゜・*:.。. .。.:*・♪゜・*:.。. .。.:*・♪

2014年正月、京都へ帰省した際、家族へ決意表明。

「2014年、桜が咲くころ、旅立ちます。」

旅の企画書とルート案、出発までの予定表を提出。

「きちんと安全なところで明確な目標を持って行くんやで。」

イチバン大切な家族との約束。

本当に始まるんだ。胸を張って行けるんだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です