待ちに待ったスペアキーがやって来た!

〈2015.03.24,25 ナミビア・スワコップムンド〉

レンタカー会社が期待以上の動きをしてくれていた!
朝、エリカが電話をした時には既にスペアキーは南ア・ヨハネスブルクの本社を出発していた。スムーズにいけば今日にも着いちゃうかも?キセキ!

いやぁ・・・この事後処理が一番大変だったなぁ。感慨深い。

この街ともやっとお別れが出来そうだ。
P1230609
昼間はこんなに穏やかなのにね。
P1230614

立派なおみやげマーケットがあります。アフリカ雑貨かわいいな。
P1230741
道端お土産屋さんオススメの青空屋台に誘導された。
オプウォで食べた懐かしの揚げパンをタダでもらい、オプウォで飲まなかった謎のドリンクをビン一杯3NAD(30円)でゲット。
P1230750
うわぁ、独特のお味。草っぽいし、酸っぱいし、意味不明・・・飲み干すの不可っす!おばちゃん、ギブっす!

「アンタ、だらしないわね!私は毎朝コーヒー代わりに飲んでるわよ!」
P1230749

お土産屋さんを冷かしたり、
P1230752

海岸で空手オヤジを眺めたり・・・
P1230759

宿に戻るとエリカが「スペアキーはウィントフックに到着して、明日の昼前にはコッチに到着するだろう。」って。

ドキドキの翌朝8:00。エリカが電話してる声が聞こえる。
結構な長電話にハラハラしながら伺うと・・・予定通り8:00にウィントフックを出発し、手元には12:00頃時届くとのこと。
やっと帰れる見込みがついた!

ワクワクしながら11:00から待機。
あれ?もう12:00。
えーっと、13:00ですよ?
ヤダヤダ、帰れませんでした!とか笑えないからね。
待ちくたびれた14:00・・・

エリカが小包を掲げて帰って来た!

急いで中身を確認。
車に挿してエンジンが動き出したとき、いろんな感情が込み上げてきた。

・・・泣きそう。

エリカが疲れ切っていることはずいぶん前から気付いていた。本当に心強い味方だった。こうして動き出せたのも彼女のおかげ。自分だけでは解決できなかったかもしれない。
出会えて良かった。本当に感謝している。こんな事件があったけれど、彼女に会うためにまたココに戻って来たい。素直にそう思えた。

ウィントフックに戻った頃はすでに夜。
宿に入ってやっと少し落ち着いたのでFacebookを開いた。

たくさんのコメント。日本で待ってくれている友達、旅で出会った世界中の友達。
みんなが心配してくれていた。誰一人として私を責めなかった。遠く離れていても、どこにいても、みんなに支えられていたんだよね。

きっと自分を責めているのは自分自身。自分を慰めるなんておこがましいことは到底できないけれど、旅に出たことは全く後悔していない。1年近く旅をし、この地までやって来れたことは偽りなく嬉しい。

知ってる。世界を回ったからこそ強く確信してる。世界中のほとんどの人は暖かい心を持っているってこと。
だから私はどんなことがあっても人を嫌いになれないし、信じることを止められないだろうな。

最後に残された目的はただ一つ。
日本に無事に帰ること!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です