太陽と月がそびえる神々の地・テオティワカン!

〈2014 12.13 メキシコ・メキシコシティ〉

『神々が集う場所』

メキシコの世界遺産テオティワカン!!
紀元前2世紀から6世紀に栄えた古代文明の巨大遺跡。

後世この地を発見したアステカ人は、太陽と月が生み出された聖地として崇めてきたそうな。

グアテマラの学校で出会った仲良しのポーランド人カップルと合流し、メキシコシティの北バスターミナルからバスで約1時間。
P1180483
サボテンがお出迎え。
P1180408

入口からすぐ目に入るのがケツァルコアトル神殿。
P1180412
「羽毛の蛇」を意味するケツァルコアトルは、地上に水のような豊かさを与える神として敬われた。

壁にはケツァルコアトルと「水の神」トラロックのお顔デコレーション。
P1180418
地下に続く通路にはお宝と謎がたくさん詰まってます。

広い。広すぎる。
P1180422

3kmに及ぶメインストリート「死者の道」。
P1180424
とっても意味深なネーミングですが、おみやげ屋さんも元気に営業中!

おみやげ屋さんもたまには準備中!
P1180431

敷地内に点在する小ピラミッドから太陽のピラミッドを望む。
P1180432
いい形してるね。

ピラミッドの階段は248段。
P1180450
みんなでカウントしながら「ラクショーだし!」と陽気に登る。
しかし、アジア人には非友好的な段差の高さでツラかったことは足長ポーランドカップルには内緒の話。

登り切るとけっこう嬉しい!
P1180447

みんな日向ぼっこ。陽射し強すぎるけどね。
P1180443

神が降臨してきそうな空模様。
P1180457

色彩も綺麗に残っているプーマの壁画もあるよ。
P1180455

そして、死者の道のどんつきにあるのが月のピラミッド!
P1180461
太陽のピラミッドより高さは低いけど、登り切った景色は圧勝!

この素晴らしい景色を前に・・・

まぁ、そうなるよね。
P1180465

お、おぉ。そうなるか。
P1180464

私は確固たる自分の世界観でこの絶景を受け止めよう。
P1180469
時を越えて、守る者も変わって、今も確かに残り続けているテオティワカン。
P1180475
まだまだ、秘密がいっぱいの神秘の地。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です