冒険心をくすぐるトビリシの丘

〈2014.10.01 ジョージア・トビリシ〉

トビリシ市街をおさんぽ。
P1140516

Shota Rustaveli Aveを挟んだ宿の向かいはオペラハウス。
なんとも華やかな雰囲気が漂うトビリシ。
P1140517

でも、ちょっと怖かったんだ。
前日の夕方ちょこっと街歩きをしたとき、なんとな~く旧ソ連のダークさが漂っていた。

すれ違う少年たちはフードかぶってオラオラ歩いてるもんだから、ついつい身構えてしまう。そのオラオラが他人に向けられるとしたら珍客アジア人であろうことが容易に想像できるし。

だけど、今はビビらないぞ!太陽が眩しいほど街を明るくしてるんだもの!

国会議事堂。
P1140519
こういう国の象徴たる政府機関を間近に見るとワクワクしちゃう病気。

少し歩けばロータリーのある自由広場。
P1140526
中央の塔に黄金に輝いているのは、ゲオルギオス(ジョージア語:ギオルギ)さん。

ドラゴン退治で名を馳せたキリスト教の聖人。ジョージアでは守護神として愛されているそうな。

そんな彼に背を向けてなんとなく西へ進むと、歴史感漂うの~んびりした並木の道が登場。かわいいパン屋さんやお土産屋さんがとっても楽しい♪

ウキウキしてきたので小道に入りまくって散策してたら、物乞いのおばあちゃんに追いかけられた。

ばあちゃんを撒くため急ぎ足で進んだその先には立派な教会がたたずんでいた。

シオニ教会というその教会は、とてもシンプルではあるがグルジア正教の総本山。
P1140532

たくさんの信者が日々足を運ぶ荘厳な場所。
P1140539
敷地自体はそんなに広くはない。だけど、穏やかな空気が流れていて心地よい。

だけど・・・

その敷地手前の階段からとても強い視線を感じる・・・

ば、ば、ばあちゃん!!

まさかの物乞いばあちゃんでした。やべー、なんか仲間増えてるし。

危機を悟ったため、裏門からこっそり脱出成功。

そこから当てもなく歩き続けると、住宅街出現。
P1140563
坂道が見えたので登りたくなった。
しかし、ローカル感ハンパないので、登った先が行き止まりだった場合は気まずい。

登り切った先は公園でした。
P1140575
ボタニカルガーデン入場料1GEL(63円)

P1140577
子供たちの遠足スポットでもありました。

トビリシの街はとてもアーティスティックで近代的!
P1140598

導かれるように隣にあったナリカラ要塞へ。
P1140601

教会を囲むようにそびえる要塞の壁。

その端の丘にに神々しく輝いて見えるものがあった。

あれ、近くで見たい!
P1140606
こんな小道をそそくさ登って、岩をよじよじ登って・・・

教会を見下ろす立ち位置に来た。
P1140613

この十字架を間近に捉えたかった!
P1140610
勇者になった気分!!

冒険心が踊り出しちゃう。一人勇者ごっこを楽しかったー!
P1140635
夢中で遊んだのでお腹が減る。

パンを買って広場の噴水前で食べていると、いかついオヤジどもが絡んできた!

勇者は身構えた。

・・・

「ヘイ!一緒に写真撮ってくれよ!」

勇者のオーラはジョージアオヤジどもを魅了した。

引き続き勇者ごっこで遊んでると、あっという間に日が暮れる。
P1140632

とりわけ見どころってものはないけど、なんとなく楽しめるトビリシでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です