全力でオススメしないインレー湖へのサイクリング

11/15 現在 @グアテマラ・ケサルタナンゴ
スペイン語勉強中。コロッケを作るために買ったパン粉が高すぎて腰抜かす!
♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪*:.。. .。

〈2014.08.5 ミャンマー・インレー〉

到着時、ロビーで寝かしつけられた[ギャラクシーイン]というホステル。ここの朝食は大変豪華でした。トーストに加えてパンケーキが付くなんて(*´∀`*)

スタッフさんも気さくです。とっても優しいお兄さんスタッフが自宅の夕食に招待してくれたけど、今夜バゴーという町にに行かなきゃなの。タイへの帰り支度しなきゃなの。

今日はチャリでインレー湖を目指そうと思います。ボートに乗って周遊するのが定番なのですが、あえて陸地から攻める新しい楽しみ方もあるんじゃないかと考え、ストイックな選択をしたわけです。

宿にてチャリを1000MMK(103円)で借ります。グーグルマップによるとインレー湖に続く細い道があります。これを辿ってみることにします。
P1110238
観光客らしき人なんて全くいないので不安になります。しかし、厚かましくズンズン進むと村が出現。そしてさらに進むと茂みになった!
P1110241
・・・大丈夫なのかなぁ、誰もいないなぁ。
P1110251
すると別の小さな村が出現。その先には道らしきものなんて無い。おそるおそる近くにいた人に確認してみると・・・
P1110246

「インレーNo!!」

しまった。この道じゃないのか。恥ずかしい!
P1110255

しかたなく引き返し、スタート地点へ。グーグルマップを再度確認すると、遠回りだけど大きな道もある。その道へ進む前に立ちはだかる橋を渡る前におばちゃんに確認。大丈夫そうだ。
P1110261

一本道をひたすら走る。こんな道。
P1110262

しばらく走ってもこんな道。
P1110270
坂道たくさん。分岐点を左に曲がって、ずーっとずーーと進みます。
P1110274
飽きた。つまんない。所々で欧米人を見かけるので間違ってはいないはず。いつ着くのか。本当に着くのか。不安でいっぱいのくせに、通りすがるミャンマー人の視線に対して平然を装う。

ずーっと進んだら「インレー湖こっち」って!

やったーー(∩´∀`)∩

言われた通りに曲がったらボート乗り場だった・・・

ちがーーーう!!

くじけずさらに進むと「インレー湖こっち!」

・・・だから!ボートはちがーーーうぅ!!

途中で話しかけてくれた兄ちゃんがインレー湖が見れるスポットを教えてくれた。よく聞き取れなかったけどホテルの敷地から見れるんだって。5分で着くって。

よし行こう。最後の力を振り絞って。

なんて名前のホテルか覚えていないが5分ほど走ったところで〈INLE〉と書かれた看板を発見した。よし、行ってみよう!
P1110277
あ、これ絶対違うわ・・・
P1110282
よく分からない畑に迷い込んだ。・・・

気を取り直しまして・・・あ、これ!
P1110295
ようやく、ようやく着きました!!

インレー湖!やっと見えた!!
P1110285
この湖では水上で生活する人々の様子が見られるのが最大の見所。もちろんこんな遠くからそんな生活感あふれる様子が見られるわけがありません。住居はおろか人影すらありません。

しかし、私のミッションは「湖を見る」というとても簡易なものなので、この程度でミッション達成なわけです。
P1110288
だけど、せっかくなのでパゴダに一応登ってみた。
P1110286

代わり映えしなかった・・・
P1110293

ちなみに、ここに来るまで2時間以上費やした。現在14:30。急がないと17:00のバスに置いていかれる!

来た道をまっすぐぶっ飛ばします。よくもまぁこんな力が残っているものだ。
しかし、お尻は限界です。椅子との摩擦+凸凹道の衝撃で破壊寸前です。

ぶっ飛ばしまくったのでまさかの1時間で帰還。ただ、お尻は瀕死です。
P1110305
こんなに身を削った割に感動が薄いという結果。

今回はバスのピックアップに忘れられることなく無事に拾われて、潔くバゴーへ向かって出発。

♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪*:.。. .。
ブログランキング参加中♪みなさんのクリックが旅の原動力です(´∀`*)
バナーをポチッとページが切り替われば投票完了!インレー湖が見たいなら絶対にボートを利用しましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です