何もないパラグアイで何かを見つけたい旅人心

〈2015.02.13 パラグアイ・アスンシオン〉

ちょっとホステルのランクを上げると部屋にエアコンがある。
そんなドミトリーで欧米人が過半数を占めようものなら、室内は極寒地獄と化す。

空きベッドからブランケットを奪っても寒いのに、半裸でオープンに寝てる彼らを見ると同じ人間とは思えなくなってくる。

エアコンなんて必要ない。プールなんてもっと必要ない。
P1210709

見どころなんて何もないパラグアイですが、服が安いという情報をキャッチ。
P1210711
市場に来てみた。
P1210712
確かに種類豊富で安い。・・・だけど、買えない。

シンプルなデザイン見つけた!・・・と思って裏返すと、背中ガバ開きだったり。
ボインなラテン女子用に作られた胸元ガバ開きのTシャツを着ようものなら、公然わいせつの領域です。
P1210717
南米を抜けるまで手持ちの服を大切にしようと心に決めた。

何食べたらあんなダイナマイトボディになるんだろう?

・・・これか?!
3000PYG(75円)という安さに感涙。これで私もダイナマイトボディ!
P1210716

何もないことは分かっているけれど、何かを見つけたい旅人根性。
P1210727

殺風景な公園。
P1210730

パステルカラーな庁舎。
P1210723

なぜだろう。一国の首都なのに、日中の中心部なのに・・・
P1210722
人がいなさすぎる。
P1210735

あ!見つけた!なんか見つけた!
東京見つけた!
P1210732
パラグアイで一番の思い出・・・は言い過ぎか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です