三種の神器

そんなこんなで、かる~いノリで始めた大学の日本語教師養成コース。

アットホームで結束力の強い外国語学部棟に法律ヲタク潜入。
大教室にしか慣れてないワタシ、少人数教室に…ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿アワワ

特に教授法クラスではあきらか違和感オーラを放出。

「教案ってなんやねん!」から始まり、
「教材ってどないやねん!!」ってなって、
「おもろすぎてなんでやねん!!」に行き着いた。

言語学的授業も、文法的授業も、実践的授業も・・・ヲタク成績。
仲間にも恵まれてドップリ。将来プランに日本語教育が必要になっていった。

しかしながら、卒業後すぐ日本語教育に携わるつもりはなくて、社会人経験を積むため死ぬ気のシュウカツ。法律も、日本語も含めた夢を見つけたから。

そこで入社した企業…ブラックすぎて心身ともに壊滅危機。
こりゃいかん!で、自分を見つめ返した。

「夢ってなんだっけ?・・・日本語か。」

動き出さなきゃ!日本語教師の海外派遣応募を決意。大学の教授法の先生に推薦状を依頼。しかし、「副専攻だけじゃちょっと弱いよね。」とのお言葉。

ごもっとも。もちろん不合格。

だったら!!!!

そこからは早かった。

ブラック企業に退職願。1年4か月でのお別れグッバイ♪
  ↓
養成講座の学校見学に行き、翌日申し込み。

新しい仕事、新しい家とともに始まった日本語漬け生活。仕事と講座の両立は泣きたくなるほど大変な時期もあった。

ここでも最高の仲間に恵まれた!!

妥協せず本気になって挑んだ1年半の養成講座。そうして自分の未来に日本語教育はなくてはならないものになった。

日本語教育副専攻修了

日本語教師養成講座420H修了

日本語教育能力検定合格

三種の神器そろった!!

これから、ここから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です