ルパンも奪いたくなる?!マヤ文明の秘宝とは?

〈2014 12.07 メキシコ・パレンケ〉

マヤ文明で最も美しいと称されるパレンケ遺跡。
時を越えて映画のような物語をも生み出してしまうミステリアスな場所。

まずは町の食堂で腹ごしらえ!
P1180148

近くの停留所から乗り合いバス40ペソ(340円)でたった15分ほど。
入場料を88ペソ(748円)を支払い、密林を抜けると・・・
P1180150
すぐ登場!
ティカル遺跡と違って見晴らしが良いな。

みんな遺跡に登って藁ぶきの屋根に吸い込まれていく。
P1180151
なにあれ、行きたい!

入口をくぐり、中に入ると薄暗い洞窟みたい。何かをみんな一生懸命撮影してる。
P1180153
棺?

半世紀以上前のマヤ遺跡発掘調査で発見されたパレンケ遺跡の「碑銘の神殿」に息を潜めていたこの石棺。
この中に収められていたのは『翡翠(ヒスイ)の仮面』をつけた7世紀に在位していたパカル王の遺体だったという。

計り知れないほどの価値をもつこの宝物はメキシコシティの博物館で恭しく守られていました。
しかし、30年前のクリスマスイブの夜、大胆不敵な窃盗団によって奪われてしまう。

フィクション映画みたいな本当の話。
何世紀もの時を越えて人を魅了する圧倒的な存在感を放つ秘宝とは?

ロマンだわ!探求心をくすぐるわ!

現在はきちんと博物館に厳重に保管されている秘宝がコチラ。
mask
写真:wikipedia
・・・やだ、なにアンタ。気持ち悪い。

マヤ人の美的センスを疑いつつ探検を続けよう。

今まで見たピラミッド形態とは一味違う。
P1180155
生活感が残る宮殿。天体観測にも大活躍したとか。

壁には彫刻もたくさん。
P1180164

宮殿からの眺め。
P1180156

おみやげ屋さん。
P1180165
牛革で作られたマヤカレンダー。

置物バージョンもあるよ。
P1180177
現代のスケジュール管理には100%役に立たないけど、ちょっと欲しくなった。
「私の誕生日、マヤ暦で言うと12バクトゥン,18カトゥン, 14トゥン,5ウィナル, 17キンなんだよね!」

こんな奴いたら殴りたい・・・

一番見晴らしのいい十字の神殿から眺める遺跡群。
P1180172
少年もたそがれている。

マヤ人、密林好きだなぁ。
P1180180

遺跡エリアから離れ、マヤ人の期待に応えるべく密林の中へ。
P1180192

順路っぽいキチンとした道が造られているので迷子にはならない。

水の音に誘われて奥まで来ちゃった。
P1180185

苔の緑がとってもみずみずしい。
P1180193
だーれもいない。

エメラルド?ヒスイ色?
P1180206
こんな素敵な場所、独り占め!

ずっと前に進んで下って行くとちゃんと出口があった。
しかもすぐにバス乗り場。
P1180213
ティカル遺跡ほどの規模や冒険感はないけれど、心躍るミステリーが秘められていた場所だった!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です