ドラキュラのイメージ…UP?DOWN?

〈2014.10.19 ルーマニア・シギショアラ〉

そもそもドラキュラってなんなのさ?

Wikipediaによるとドラキュラとは小説の登場人物の名前だそう。
そのモデルとなったのが15世紀のワラキア公ヴラド3世と言われている。
ヴラド3世は「悪魔の子」という意味合いを持つ「ドラキュラ」というニックネームをゴキゲンで使っていたらしい。

ドラキュラと言う名の悪魔が人の血を吸い恐怖に陥れる。そのインパクトから、「ドラキュラ=吸血鬼」が世界中に定着していったのね。

恐怖の象徴たるドラキュラさんの故郷シギショアラは彼のイメージ度返しの呼称を持っている。

「ルーマニアの宝石」

ため息が出るほど優美な呼称!
職人文化が栄えた城塞都市として世界遺産にもなっています。

宿のある新市街から歴史地区の旧市街までは結構な距離。
P1150986
新市街はほとんどが住宅なのに人がいない。

川を越えれば旧市街。
P1150993
カラフルなお家が増えた!

ルーマニア人も大好きなおやつ。いつも行列のgigi。
P1160008
ふわふわチュロスにチョコやジャムが包まれていてオイシー!

世界遺産たる旧市街でも周囲はいたって平和な住宅地。
P1150998

メインたるスポットは小高い丘の上。
P1150996
そのメインの下に広がるのは公園やレストランやカフェ。

坂道をえんやこら登って最初に目に入るのがこの時計塔。
P1160012
今も現役のからくり人形たちがシギショアラに時を告げています。

時計塔をくぐり抜ければ広がる中世の世界。

その中央には天使がいました。
P1160019
こんなにメルヘンで麗しい街なのですっかり忘れてたんだけど。

あ、キミ、いたんだ。
P1160027
ドラキュラグッズも充実です。

広場を背に左にグングン進めば空へと続く階段が。
P1160030
その先にあるのは、正か悪か。

学校でした。たぶん正のほうです。
P1160034
他にも教会や墓場があったりと、シギショアラの庶民的な歴史を感じられる静かな場所でした。

この高台から見る景色は最高!
P1160039
なんてメルヘンなんだ・・・
妖精が出てきても受け入れられる自信がある。

石畳の路地を歩いて周りを見渡せば、どこもかしこも色彩に溢れている。
P1160041

絵を売るばあちゃんが絵になる光景。
P1160050
ちなみに、この左隣には普通に素通りしちゃうほどの普通のレストラン。

あぁ、それね、ドラキュラの実家だから。

観光地としての華やかさもあるけれど、印象的なのは穏やかな地元の人々の日常。
P1160056
シギショアラの1日が終わる。

まさに宝石。

恐怖、暗闇、悪魔・・・?
こんな素敵な街で育ったドラキュラたるヴラド3世が良いヤツにしか思えなくなっている。

この記事を書くことがドラキュラの営業妨害になりませんように。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です