コーヒーを収穫してみようっ!!

〈2015.01.08 コロンビア・サレント〉

コロンビアと言えばコカイ・・・コーヒー!!

とっても有名なコロンビアコーヒーですが、生産高は世界第4位。
第一位はもちろん堂々たるブラジルですが、2位ベトナム3位インドネシアとアジア勢が健闘!

それでも、甘みと深いコクを持つコロンビアコーヒーのブランド力は高いよね。
そうだ、コーヒー農園に見学に行こう!!

宿の人にコーヒー農園の場所を聞いてみる。
「ここなら歩いていけるよ!」と言われたのが”Finca EL Ocaso Salento”という農園。
いつも通りポーランドカップルと一緒にお出かけ。

示された方向に歩いて行くと、トレッキング級の山の中。
P1190635

コロンビアは山好きにはたまらん国なんです。
P1190637

進みゆく道には目的たる農園の看板を何度見かけるんだけど、一向に着く気配なし。
山道だけど、下りなので体力的には平気。

9:30に出発して休むことなくある続けたのに11:00のツアーに滑り込み参加。
1時間半も歩いたわ!
まぁ、歩けたからね。宿の人ウソついてはいないよね。
P1190641
ツアー―料金8000COP(408円)をお支払い。

ツアースタート!
コーヒー豆が出来るまでの過程を熱弁中。
P1190645

コーヒーの実を剥くと粘着力のある豆が登場。
P1190647

コーヒーの木の赤ちゃん育成中。
P1190652

すくすく成長中。
P1190654

収穫に使用するカゴを装着して、成人したコーヒーの木を見に行きましょう!
P1190661

これがコーヒーの実!・・・採り急がないでね。
P1190664

赤くなった子がお年頃なの!
P1190668

収穫!イェイ!!
P1190665

本日の成果。
P1190673
・・・不作。

コーヒーに使うのは実をはいだ中の豆だけ。
つまり、実がモッタイナイ!ってことで、豚さんの飼料にするんだって。エコ♪
P1190675

大きなコーヒーの実(?)がふるいに掛けられているシーン。(働け、オイ)
P1190678

つやつや真っ赤なコーヒーちゃんは・・・
P1190680

見るも無残な姿に。
P1190681

実と豆が分離しましたよ!
P1190682

乾燥させましょう!
P1190683

豆にも1級、2級などの等級があるのは当然のこと。
P1190693
出来の良い高品質な豆は消費大国ヨーロッパへ。
品質が落ちるものは大衆的なコーヒーショップとか。
市場に出すのはちょっと・・・って言うレベルが地元や国内で消費される。

ツアーの最後はもちろん試飲♪
P1190706

淹れ方ひとつで味に違いが出るのは、紅茶も日本茶も同じ。
P1190700
家庭によっても淹れ方が違うもの。
ガイドさんのおばあちゃん手法で淹れてくれました!
P1190703
Ummm….Fantastico!!!

帰りはひたすら上り坂を覚悟していたんだけど、どうやら違うルートがあるらしい。
嬉しいことに下りと平坦な道らしい!
P1190727
橋を越えて川に沿ってのどかな道を進む。
P1190726

川のせせらぎ、鳥のさえずり、子どもの笑い声・・・
P1190733
ストレスフリー。すっごくすごく気持ちがいい。

行きに1時間半歩いたわけだから、そう簡単に戻れるはずもない。
疲れた頃に「乗ってく?」とおじいちゃん車が止まってくれた。

「はい、お願いします!」即答。

国道まで連れてってくれたところで下車。
そこからはバスがるとのことだが、全然来ない。

ならば・・・ヒッチハイク!!

序盤は大柄なマリオが挑戦するもことごとく撃沈。

ということで・・・やっちゃります、大和魂。

満席車が多く数台スルーされたものの、成功!
子ども2人が既に乗っていて余裕無いのに親切な家族が拾ってくれた。

車内ではもちろん質問攻め。
そうね、アジア人珍しいよね。

自然豊かで、親切な人もいっぱいのコロンビア。
知る由もなかった姿、知って良かった姿。

コロンビアの本当の姿を知った今、「危険な国だ!」なんて言葉で片付けてほしくないと強く願う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です