なかなか出させてくれないミャンマー国境町

10/17 現在 @ルーマニア・ブカレスト
戦前「東欧の小パリ」と言われた街は現在新しくも綺麗な街並みです。
♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪*:.。. .。

〈2014.07.27 タイ・メソット→ミャンマー・ミャワディ〉

P1100603

バスは全く記憶がない。トイレ休憩がいつあったのかすら全然知らない。ただ、尋常じゃなく首が痛いという現実。

バスの中で一度パスポートチェックが入り、メソットのターミナルについたのは早朝6:30。バンコクから8時間半で着いた。やるじゃん!
P1100601
ここから国境までソンテウで向かいます。50B(160円)。また国境到着前に車内でパスポートチェック。ミャンマー人はパスポートの他に証明書みたいなの持ってて、その件でモメてた人は降ろされていきました。なんだったんだろう。

国境ゲートに到着するやタナカ(ミャンマー人御用達の天然日焼け止め)を塗った子供たちがジャンピングで向かってきます。何言ってるか分かんないけど優しくあしらいます。
P1100605
私はVIPなので、いや、外国人なので専用窓口に誘導されて並ばずスムーズに出国手続きができました。
P1100608
ミャンマー国境までは橋を歩いて渡ります。荷物の多いミャンマー人たちは車でビューンと抜ける手段も取るようです。
P1100609
国境の川。
P1100610
広告がミャンマー仕様。オシャレなタナカをPRする美女。

ミャンマー国境に着くと外国人用の部屋に連行されます。そこでアライバルカードを記入。パスポートと顔のチェックも外国人部屋の窓からダイレクトに完了します。イミグレのおっちゃんがうっとうしいくらい手とり足とり教えてくれます。

顔認識カメラを見るとき、「カメラ見てねー。ほらビューティフル!ビューティフル!!」・・・どこのエロカメラマンやねん!

オフィスにいた若者くんに「ミャンマーマネー欲しい!」って言ったら、町に唯一のATMに連れて行ってくれました。国境抜けてまっすぐ進んだ左側にある大きい銀行の入口にあります。

ここミャワディから西の方面へ向かうには山を越えなければなりません。その山は一方通行のため、一日置きにしか通行できません。しかし、いつが上りでいつが通行止めなのか、旅行者が事前に情報を取得するのは困難です。

ラッキーなことに今日は通行できる上りの日♪スムーズにそのまま別の街へ行くことができます。なので、若者くんに「パアンに行くの!」って相談。

「出発8:00だよ!」って。あと30分。「30分もあるからコーヒー飲もう。」って流れになりました。「30分しかない!」と思った私の感覚とは違うね。

そうして、コーヒー屋で楽しくおしゃべりしているわけですが・・・ちょい、キミ。仕事はどうした?仕事!?

「大丈夫!今日は2人いるから。」って。国の窓口である国境で働いているのになんて緩いんだ。

若者くんは「ミャワディにいたらどこでも案内してあげるよ。」と言ってくれるけど、今日泊まったら移動が明後日になるわけです。

「じゃあ次はいつ会えるの?」「分かんない」「WHY?」「えーっと、うーんと。旅人だから。」

頻繁にビューティフルと言ってくれてとっても嬉しいんですが・・・

昨日シャワー浴びてない・汗でベトベト・眉毛ない・髪パシパシ(´;ω;`)

・・・違うのよ!ジャパニーズガールはもっとキレイなのよ?私を見て「こんなもんか。」と思っちゃダメよ!と頼まれてもないけど言い訳しておいた。

ボソッと「タマーニャ山に行きたいんだけど」って言ってみたら「ドライバーに聞いてみるわ!」って速攻電話してくれました。

タマーニャ山にあるお寺はミャンマー人にとっても憧れの聖地らしく、ここの僧侶(もう亡くなってる)への崇拝レベルがすごいらしい。旅行者の宿泊も受け入れているようだから通り道に寄ってみて、良さそうだったら泊まってもいいかなって思っていた。

「小さい町だから、もしもの場合の宿があるか分からない。だからパアンまでの道のりで途中下車して待ってもらう作戦がいいよ。」って。

すると予定変更。出発が9:00になった。まだ時間があるので近くの寺に連れて行ってくれました。
P1100612
ちょい、キミ、だから仕事は?!

9:00前にドライバーに会いに行きます。「おー。20000MMK(2060円)で行ってやるよー!」て。パアンまでは通常13000(1339円)ですがタマーニャ山寄り道料金追加です。それでもパアンから個人で目指すよりは楽だし奮発しました。

「出発9:30ねー!」・・・どんどん出発が遅れていく。

まだ時間あるねってことで朝ごはん。
P1100620
ミャンマーの庶民食モヒンガー300MMK(31円)。

たくさんお世話してくれた若者くんとはお別れです。ありがとう。

日本人らしく9:30ちょっと前に車の前到着・・・ドライバーいないし!

通りの向こうを見るとドライバーが手招きしている。違うでしょ!アンタが来なきゃでしょ?!
結局イスに座らされ、謎の待機時間。あのー。もう10:00なんだが・・・

「いつ行くの?」「まだ乗客が2人だし。」そんなこと知らんがな。
15分後
「いつ行くの?」「もうひとりの乗客が買い物とトイレ済ませたら。」
15分後
「いつ行くの?」「さあ行こう」
さらに謎の待機時間を経て、やっと乗れたのは10:30過ぎ。

5分ほど運転して消えるドライバー。10分後なに食わぬ顔で登場。同乗者のタイ人のおばちゃんキレる。

再スタートから3分後。タイおばちゃんの両替をしに行く。
再々スタート「ちょっと戻るわ!もうひとり乗客が増えるから!」って。

デジャブか?見たことある景色・・・はい、国境ゲートに戻ってきました。

結局乗客は増えず。再々々スタート5分後、ガソリンを入れに行きました。

もう絶対引き返すなよ!って叱ろうと思った瞬間・・・

「すまん。パスポートのコピーとるん忘れたわ。」って・・・(;゚Д゚)

また町へ戻る。外国人は道の通行時にチェックが何度か入り、コピーを提出しなければいけないらしい。500MMK(52円)奪われ8枚のコピーをしてきた。

「8枚で400MMKだったけど、おつり無いっていうから500MMK渡してきた。」って正直な報告をありがとう。でも勝手な事しちゃいけないよ、人のお金だからね!!

「もう忘れ物ない?もう全部終わったよね?」って念入りに確認して、本当の出発は結局11:30でした。

・・・ちゃんと着けるのか不安すぎる。

♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪*:.。. .。
ブログランキング参加中♪みなさんのクリックが旅の原動力です(´∀`*)
バナーをポチッとページが切り替われば投票完了!出発までのやり取りがムダすぎる!!の共感クリックお願いしまーす✩


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です