これがアウシュビッツか・・・

〈2014.10.26 ポーランド・オシフィエンチム〉

吐く息が白い。朝靄が街を包む早朝。
P1160470

バスに乗って向かったのは・・・
P1160474

「働けば自由になる」
P1160480
アウシュビッツ強制収容所です。

説明不要なほど有名な場所。
ヒトラーが行ったホロコーストの象徴と言える場所。

この地で数え切れないほどの未来と希望が失われていった。

霊感とかは全くないけど、やはり不穏な雰囲気ってのは感じる。
P1160483

それぞれの棟が展示室になっている。
P1160490

ガイドさん熱心に説明中。
P1160491

大量のメガネ。
P1160499

大量のカバン。
P1160502

大量の靴。
P1160512

義足・・・
P1160500

それぞれに持ち主がいた。
P1160506
命があった。

労働力の確保?
ふざけんな。
使い捨てのモノのように扱ったくせに。多くの命をガス室で一瞬にして消したくせに。
P1160520

ガス室。
P1160536

処刑台。
P1160532

そこまでする必要があるの?
P1160524
ドイツ軍の一人一人はきっと命の尊さを知っている人間だっただろう。
なのに、こんな残虐なことができるようになるなんて・・・
戦争って何なんだろう。
命に上位下位があるのだろうか。
P1160538
この地に足を踏み入れた「今」を生きている世界中の人々は何を感じたのかな。

次に向かうは近くにある第二収容所ビルケナウ。
P1160561

荷物のように、いや、それ以下の扱いで多くのユダヤ人が運ばれた。主に女性だったという。
P1160544

各国から収容され死んでいったユダヤ人を悼んで、各国が慰霊碑と花を捧げている。
P1160556 
日本語の慰霊碑はない。
日本人の誰もが知っているアウシュビッツの悲劇。だけど、この負の歴史は日本にとっては教科書に載っているだけの遠い歴史でしかないようだ。

隙間だらけの粗末な建物。
吹き込んでくる‐20℃の隙間風、寝返りが打てないスペース、わずかな食糧、過酷な労働。
P1160570
とても悲しいのに涙が出ないのは、彼らが味わった苦しみが到底想像もつかないからかな。
P1160574
だけど、ほんのわずかでも過去の事実を知ることが出来て良かった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です