うちらはブラザー?バラナシ京都化計画。

〈2014.09.11 インド・バラナシ ボート編〉

まだ薄暗いAM5:30。
ガンガーに浮かんで朝日を拝みたい。

天気は良好。ボートに乗ろうと思います。

自分の常識は人の非常識。
P1130045

ゴミは基本的に夜のうちに外に捨てるだけ。ダイレクトに。

すると、翌朝ゴミ拾いカーストの人々によって片づけられる。これがここの常識。

つまりゴミ拾いカーストさんより早起きして活動すると、大量のゴミを避けながら、飛び越えながら歩くことになる。
雨が降ろうものなら、雨とゴミが融合されてしまうため、惨劇になる。

ガートに出ればボートを見つけるのは簡単だ。立っているだけでボート漕ぎさんが寄って来てくれる。とても豪快な料金を主張しながら。

ど・れ・に・し・よ・う・か・な?

笑顔がステキな兄ちゃん、2人で200R(340円)まで下がったところで決着。
P1120978



青年パル。こんな細い腕で心配になります。
P1120981


後ろにいるのはエンジン付きボート。強烈な排気を放出して。手漕ぎさんたちを無視した強引な進み方でイヤな感じ。

がんばれ!パル!

P1120984

空が明るくなってきた。

P1120987

もうすぐ。

P1120991

おはよう!

パルはけっこう良いヤツ。いろいろおしゃべりしてくれます。たまに日本語だって話しちゃいます。

「雨季で増水すると対岸は消えちゃうんだよ。」
「バラナシって両端のガート、ヴァルナガートとアッシーガートが語源なんだよ。」
「あの大きな橋の向こうにクールな美術館があるんだぜ!」

パルの笑顔に癒される。

たいていの国で出身の話題になったとき、
「日本のどこ出身?」
「KYOTO」
「OH!!TOKYO!!!」
「Oh…yeah…Tokyo…」ってなるのは、いつものこと。

しかし、ここ、バラナシは一味違う。ほんの10日前からと思われる。

「日本のどこ出身?」
「KYOTO」
「WOOOW!Really?Kyoto is so nice!!」って流れになる。

こういうことだ。
140830_31kyouto_india01[1]

2014年8月30日~9月3日、モディ首相訪日。

国民から絶大な人気を誇るモディさん。京都を訪れたモディさんは、バラナシと京都市の都市提携に調印。

「バラナシを京都のようにするんだ!」

・・・ってな流れになって、バラナシ市民もノリノリになっちゃて、「京都出身か!俺たちブラザーだな!」ってテンションに巻き込まれることになる。

パルも例外ではなかった。

「京都か!京都って最高に美しい街なんだろ?バラナシももうすぐ京都みたいになるんだぜ!」
「いや、すぐは無理でしょ。20年後くらいじゃない?だって、京都は牛歩いてないし。う○こ散らかってないし!」
「そうだな。う○こについては牛用のトイレを作らないとな・・・」
「え、ソコ?・・・そうね。牛については触れないのね。」
「こんなバラナシの景色も変わるんだぜ!」

・・・

・・・

ズルい。
すごくズルいなって思った、自分自身が。

バラナシが変わる。
京都のように。う○こもゴミもない街に。

ガンガーだって綺麗になるんだろう。ボロボロの汚い建物も消えるんだろう。

それでいいんだ。そうならなきゃいけないんだ。パルもすごく嬉しそうなのに・・・なのに、すごく寂しく感じる。

急速に成長していく他のアジア諸国でも同じことを思ってた。応援したいのに。一緒に喜びたいのに。

だから、今のこの瞬間を大切にしよう。
P1120997

愛しいと思えるこの景色をしっかり自分の目に焼き付けよう。
P1120999

またこの土地を訪れた時に新しい景色を楽しめるように。


長い、長い、バラナシの数々のガート。端から端まで制覇しようなんて到底無理。
P1130019



「ついたよ。船ここで止まったから岸まで歩いてね。」
「・・・」
「大丈夫、深くないから。」
「・・・」
P1130026

(ヘタクソ!!)


着水だけは絶対に避けたかったのに!
P1130029

結果・・・ゴキゲンじゃ!このやろー!


足にまとわりつく泥パック的なヌルヌル感を存分に堪能し、上陸。
P1130038

不浄の地と呼ばれるこの場所、目を凝らせば、馬がいるし、建物があって人が住んでいるよう。パルいわく、彼らはとても身分が低いんだって。身分か・・・


この地に住む人はどんな思いで対岸を見てるのかな。
P1130037



パル・・・
P1130031

おや?こうして見るとアンタ、イケメンだね。


チャプチャプと川に浸かってボートに戻る。
P1130014

聖なる場所に戻りますか。


満員御礼!
P1130041

手を振ったら、めっちゃノリノリで振り返してくれたインド人御一行。
一生に一度行けるか行けないかの聖地だもんね。そりゃテンション上がるよね。

パルのおかげでとっても素敵な時間が過ごせました。

「これでチャイでも飲みな!」

あんまカッコよくない。たった5R。だけど、心を込めた感謝のしるし。

バラナシが変わっても、またパルを見つけられたらいいな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です