ありったけのインドを教えてくれた場所

〈2014.09.13 インド・バラナシ〉

楽しいバラナシ生活も最終日。

牛さん、今日も邪魔だから蹴るね。(インド人が)
P1130114



朝ごはんのドーサ。毎日最低1回は食べてる。南インド料理なのにね。
P1130112



日課になったガンガー散歩。

少年たちが川遊びをしています。
P1130098

楽しそうね。


こんななのに・・・
P1130102

死体が流れることで有名ですが、本当に流れてくることがあるのでしょうか?

よく目を凝らしてみましょう!

ぷかぷか・・・

犬のドザエモン発見!南無阿弥陀仏。



!!!!
P1130090

なんかいる・・・(;゚Д゚)


川イルカとか?
P1130091



ガンガーには平気で未確認生物がいそうで恐ろしい。
P1130094



・・・

・・・

・・・

P1130095

バ、バ、バタフライしてるーーーーーー!!!!

あぁ、撮影ですか?
c0052259_0271251[1]

長澤さん、撮影お疲れさまです。(適当解釈)


街を歩けば人だかりの中に神々しいオーラが!
P1130116



触ってもらうと何かご利益あるみたい。
P1130117



食堂を探しだけでも楽しいバラナシ。
P1130121

ターリー50R(85円)。
P1130123

このあとチャパティ4枚追加される。

バラナシとのお別れが迫るにつれ襲われる虚無感。

それを払拭するため愛想を振りまく。
すると、お土産屋さんに連行される。
なので、おしゃべりを楽しむ。

お土産屋さんに行く目的はお土産購入だけとは限らない。

お別れの前に最後のプージャ。
P1130126

やはりこの空間、すごく好きだ。


信仰の慶び、生命の尊さを学んだ。
P1130131



また来たい。
P1130132

また来るだろう。来るに違いない。

ありったけの「インド」を教えてくれたバラナシ。

私はこの場所が大好きだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です