あのハンサムな彼の故郷ってどんなとこ?

〈2014.10.14 ブルガリア・ヴェリコタルノヴォ〉

ブルガリアで最も美しく歴史ある街、ヴェリコタルノヴォ。

なぜここに来たのか?

前述は二番目の理由。

一番の理由は、カロヤンですよ!カロヤン!

え?なにそれって?

琴欧洲勝紀さんですよ。

ほら、日本の国技のさ!
日本人たる者、角界で大人気だったハンサム力士・琴欧州の故郷と聞いたからにはスルーできない。

ソフィアからバスで3時間22BGN(1540円)。
パッと見た感じは穏やかで洗練された田舎という雰囲気。
P1150698
昔の首都。京都的ポジション。

バス停から宿までは結構な道のり。丘なので起伏がキツイ。
私が向かったのはHostel Mostelという宿。ドミ20BGN(1400円)で充実の朝食+夜に軽食付き。オススメ!スタッフの兄ちゃんもオススメ!

宿に荷物を置いてお散歩へ。
P1150690
カロヤンはこんな街で育ったんだね~。

・・・って感心してたんだけど、正確にはここからさらに離れた村だったという真実。

ま、とにかく優しい温もりが落ち着く。
P1150689

このニャンコの表情が平和さを物語っている。
P1150695

一番の見どころはこの立派な要塞。
P1150706
音と光のスペクタルショ―もやったりするらしい。・・・なんかやだ。

自然に囲まれての~んびり過ごせそうな素敵な街。
P1150707
どんな出逢いがあるかな♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です