あっという間に好きになるクスコの魅力

〈2015.01.25 ペルー・クスコ〉

酸素うすーーーーい!!
P1200471
標高0mの首都リマから標高3400mの古都クスコにやって参りました。

この標高差のせいでペットボトルがペッタンコ!

相変わらずバスターミナルから中心地までは徒歩。
だけど、標高の高さと坂の多さに苦戦して息が上がっちゃう。
P1200490
それでも負けずに健闘し、20PEN(786円)で女子力高い個室の宿をゲット。

腹減ったー!そんな時は市場でしょ!
P1200528
食料品だけでなく、ごはん屋さんやお土産屋さんが密集した大きな市場に大興奮!
P1200475
町を気に入る基準は市場だ。よって、クスコもう大好き!!

どうやらごはん系は15:00で閉店らしい。
滑り込みで卵ごはんを注文!
P1200473
このボリュームで4PEN(157円)!クスコ大好き!

標高が高いと太陽が近いからか、日中はやはり暑い。
P1200481
チチャ・モラーダというペルーの伝統的な飲み物の炭酸ジュース。
紫トウモロコシをベースにリンゴやパイナップル、カリン、シナモンなどが混ざり合ったという何とも不思議なお味。

結局ノド乾いて水買ったし。

広場にて大入り満員のパフォーマンス中。
P1200478

クスコはマチュピチュ観光の起点となる人気の街。
日本人も多く訪れる場所とあって、「チーナ!チーナ!」とイジメられません。驚きです!
P1200485

さすが一大観光都市、品位があるわね。
P1200483
もちろん、私も楽しみにしているマチュピチュ。
だけど、超有名世界的観光スポットというだけあってお金が掛かるのなんのって!

ペルーでは観光産業分野はGDPの9%を占めています。

たいしたことなくない?・・・って思ったでしょ?
日本なんてGDP比2%だからね!

ペルー観光産業強すぎ!
いや、たぶんマチュピチュを最高峰として外国人からお金取りすぎ!

それでも、ペルー政府の手のひらで踊らされながらマチュピチュには行きます。
もちろん貧乏バックパッカーなので削れるところは身体張るけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です